HOME 学会概要 入会案内 学会規約 保育文化研究 開催案内

Japan Society of Early Childhood Education and Culture
学会概要




設立趣意書

 子どもが健やかに育つことを願い、実践してきた保育や子育てにおける先達の知恵や技術は、保育文化として保育の内に生きています。しかし、子どもを大切に育てようとする保育や子育てを通して育まれてきた文化は、今日の保育や保育者が置かれている大きな環境変化のなかでは継承することが難しくなっており、大きな危機感を感じざるを得ない状況です。また、子どもの生活する姿や保育者のありよう、保育実践に寄り添った地に足のついた保育実践研究の共有や理論化は、いまなお十分とはいえない状況です。

 これまでのすぐれた保育実践や研究から生まれてきた保育文化を継承・発展させ、より良い保育実践を創造し、展開できる保育者の育成と、それを支える研究者の育成のための研究と交流を目的として日本保育文化学会を設立することといたしました。

 本学会の趣旨に賛同する保育実践、保育者養成、子育て支援等に深い関心を持つ保育者、研究者、保育を学ぶ学生、保育や子育てに関心を持つ多くの皆さんの参加をお願いし、本学会において実践と研究の交流を重ねることを通して保育や支援の充実を図ることを願っています。


設立発起人を代表して
太田光洋
2014年7月1日









活動と目的





 
1.保育者、保育学生が、これまで蓄積されてきた保育文化を学び、継承発展させるための総会および研究会(共同研究を含む)、研修、交流。

2.養成校教員と保育者の交流を通して、共に保育について考え、学ぶ研究会(共同研究を含む)、研修、交流。(1と同時に開催することもある)

3.保育文化(遊びや保育内容・方法、子育て支援について等)や実践の収集と共有。遊びや保育、子育て支援の等に関する事例集の発行。随時。

4.保育に関する研究論文集(学術誌「保育文化研究」)の発行。年1回。

  


 

 日本保育文化学会事務局
 〒380-8525 長野県長野市三輪8-49-7 
 長野県立大学 安氏洋子研究室
 (C) Japan Society of Early Childhood Education and Culture