HOME 学会概要 入会案内 学会規約 保育文化研究 開催案内

Japan Society of Early Childhood Education and Culture
開催案内





第7回研究大会
のお知らせ



 
【第7回研究大会のお知らせ】

会員の皆様へ
コロナ禍の影響でわれわれが研究対象とする保育や、大学等での教育研究にもさまざまな制約が生じる中、昨年度は実施できなかった年次大会を開催する運びとなりました。オンラインでの開催という限られた環境ではありますが、本学会の特色ともいえる研究や教育についての温かい交流の機会となることを願っています。
 皆様もご存じの通り、本年4月には日本学術会議協力学術研究団体の指定を受けました。保育文化研究も13号まで刊を重ねてきています。大会や査読過程での意見交換がこれらの成果につながっているのではないかと感じています。学会としての課題も少なくありませんが、保育実践やそれを支える諸研究が活発に、またじっくりと議論される場となるようにこれからも皆様と盛り上げていきたいと思います。3月13日(日)、皆様の積極的な発表と参加をお持ちしています。研究の手がかりや具体的手法なども学ぶ機会になると思います。皆様にお会いし、交流できることを楽しみにしております。

会長 太田光洋


日時:令和4年3月13日(日)
会場:ZOOM(運営:長野県立大学)
参加費:1000円
発表費:2000円(現職保育者・学生 無料)

【大会日程(予定)】
 3月13日(日)
 9:30 開場(ZOOM)
 10:00 総会・会長挨拶
 10:30〜16:00 研究発表
 16:00〜17:00 情報交換会

【申し込み日程】
 12月1日(水) 発表・参加申込・入金受付開始
 1月31日(月) 発表申込(題目含)締め切り
 2月14日(月) 参加申込・入金締め切り
 2月28日(月) 発表用資料提出締め切り

※詳しくは実施要項



【大会企画:研究手法のチュートリアル】

保育文化学会第7回大会では、研究方法のチュートリアルを企画しています。

本企画は、入門を意識しておりますので、「新たに研究を始めたいな〜」、「ちょっと違う研究手法を勉強したいな〜」、「データはあるんだけど、どう分析してよいか分からない」など、緩やかな気持ちで参加していただければと考えています。

本学会の設立趣意は、研究者と保育実践、保育現場、子育て支援に興味のある方々の研究・交流の場の提供はもちろんのこと、保育学生も含めての交流を提供することも目指しています(http://hoikubunka.com/outline.htm)。そのため、学会員のみならず、今から卒業論文を書きはじめる学生の参加も大歓迎ですので、先生方のゼミ生など、気軽にお声かけいただき参加していただけたらと考えております。

具体的なチュートリアルについては、現在以下の3つの企画から12を実施したいと考えています(発表件数との兼ね合いで、実施しない可能性もあります。また、チュートリアルという性質上、人数制限を設ける場合もあります。)。会員の希望を反映させるため、興味あるテーマがありましたら、下記、URLから投票していただけると、それらの結果を参考に、実施する企画を選定したいと考えております。また、回答の中に、自由記述欄を設けておりますので、「〇〇なことを企画してほしい」「△△で悩んでいる」などありましたら、ご意見を頂けたらと思います。個別に回答できることもあるかもしれませんし、次年度以降の大会企画に反映させたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

ご回答は、こちらをクリック



【チュートリアル企画の内容】

 研究を行うにあたって様々な分析手法が存在し、有償の分析ツールも多数あります。ただし、少し試すには高額なものも多く、なかなか「入門」することが出来ないのも事実です。また、有償ソフトを購入したとしても、使用期限がある場合は、利用できなくなってしまうこともあり、研究を継続することが難しいのが現状です。そこで、今回は、無料で実施できる分析ツールを取り上げます。

.ぅ鵐織咼紂璽如璽燭里泙箸疂:SCATを用いた分析
 観察や面接によって得られる、言語記録の分析はデータにコードを付し(コーディングと呼びます)、それをもとに理論化を行います。しかし、そのコードがうまく付けられない場合もありますし、コードは付けられたけど、そこから理論化(結論記述)に発展させられないという場合もあります。これらのことから、質的研究に魅力を感じながらもそれに着手できないこともあります。

SCATはそのような分析の困難さを克服するために開発された手法で、形式に沿って、コード化を行い、コードを基に理論の構築を目指す手法です。

⊆由記述データのまとめ方:KH Coderを用いたテキストマイニングの方法
 自由記述データを分析する方法として、文章の内容を吟味しカテゴリ分けをする方法やKJ法のように手順に沿って内容を把握していく手法などが用いられることが多くあります。これらの手法は、1つ1つの文章の性質を把握できるため、非常に有効な手段です。

ただし、自由記述データが多くなると、1つ1つの文章を詳細に読み取ることが難しくなります。このような場合、有効なのが「計量テキスト分析」または「テキストマイニング」とよばれる方法です。この方法では、文章を単語ごとに区切り、単語同士の関係を統計的に処理することで、自由記述データの傾向を明らかにすることが可能です。

KHCoderは、計量テキスト分析を行う無料ソフトです。このソフトの特徴としてデータ分析を“R(無料の統計ソフト)”を用いて分析しており、質的なデータに客観性を付置することが出来ます。

N姪データのまとめ方:HADを用いた、統計学を用いた検定の方法
 
 量的データの分析に、統計的な手法を用いることは、客観的に違いや関係性を明らかにすることができるため、研究の信頼性を上げるために必要なアプローチの1つです。これらの分析には、SPSSなど、高額な統計ソフトを用いる場合が多く、また、分析に専門的な知識が求められるため、使用へのハードルが高い状況です。

その中で、HADは、主に心理統計分析を行うためのフリーソフトウェアとして開発されました。HADは、Excel上で分析を行うため、WindowsあるいはMacを利用している人なら誰でも使うことができ、卒論生が家でも自分で分析ができるのなどの利点があります。また分析結果の出力時、グラフや表も同時に出力されるため、結果を主観的に理解することが可能だという利点もあります。

  


【第6回研究大会のお知らせ】
日程:2019年9月 7日(土)13:30〜17:00        
            8日(日) 9:30〜14:30

会場:長野県立大学  
    http://www.u-nagano.ac.jp/access/ 

参加費:3,000円(学生:1000円、現職保育者:1500円)

9月7日(土)
13:00 受付開始
13:30〜17:00 総会・研究発表
18:00 情報交換会

9月8日(日)
■9:30〜14:30 研究発表・ワークショップ

※ 内容の詳細につきましては、決まり次第ご連絡いたします。




第6回研究大会
のお知らせ
(終了)







第5回研究大会
のお知らせ
(終了)



 
【第5回研究大会のお知らせ】
日時:2018年9月 1日(土)13:30〜17:00
2日(日)9:30〜14:30
会場:新潟こども医療専門学校(新潟市中央区)
参加費:3,000円(学生・現職保育者:1000円)


9月 1日(土)13:30〜17:00
■13:00 受付開始
■13:30〜17:00 総会・研究発表・ラウンドテーブル
終了後、情報交換会を予定

2日(日)
■9:30〜14:30 ワークショップ・研究発表・ラウンドテーブル
※ 内容の詳細は、決まり次第アップいたします。

  


【第4回研究大会のお知らせ】
日時:2017年9月 9日(土)13:30〜16:30
10日(日) 9:30〜11:30
会場:ウェル戸畑(北九州市立福祉会館)
参加費:3,000円(学生・現職保育者:1000円)

9月9日(土)
■12:50 受付開始
■13:30〜16:30 総会・研究発表・ラウンドテーブル
終了後、18:00から情報交換会

10日(日)
■9:30〜11:30 研究発表・ラウンドテーブル
※ 内容の詳細は、決まり次第アップいたします。




第4回研究大会
のお知らせ
(終了)







第3回研究大会
のお知らせ
(終了)



 
【第3回研究大会のお知らせ(終了)
日時:2017年1月21日(土)18:30-20:30
22日(日)10:00-13:00
会場:21日 九州女子大学、22日 ウェル戸畑

21日(土)
■18:00 受付開始、ラウンドテーブル打ち合わせ
■18:30-20:30 情報交換会
22日(日)
■10:00-12:30 研究発表・ラウンドテーブル「教育・保育実習の記録と計画」
◎ 研究発表・話題提供者:渡邉 望(九州女子短期大学) 太田光洋(和洋女子大学)

  


【第2回研究大会のお知らせ(終了)
日時:2015年11月14日(土)13:30-17:00
15日(日)10:00-13:00
会場:14日ウェル戸畑 
15日福岡女学院大学

内容:14日ラウンドテーブル「遊びの質、保育の質」
◎ 話題提供者:太田光洋(和洋女子大学)

15日研究発表及びトークセッション「教育・保育実習の課題と展望」◎コーディネーター:太田光洋
◎ 研究発表・話題提供者:渡邉 望(九州女子短期大学) 
戸川 俊(新潟こども医療専門学校)




第2回研究大会
のお知らせ
(終了)







研修会
のお知らせ
(終了)



 
【研修会のお知らせ】
日時:2015年3月1日(日)10:00−15:00
(片付け等を含めて16:00頃を予定)
場所:お宮の里幼稚園
(〒800-0208 北九州市小倉南区沼本町4丁目18−5)
参加費:3,000円(教材・玩具・弁当代を含む)

  


【第1回研究大会のお知らせ】
日時:2014年9月7日(日)9:30-16:30
9:00 開場、受付開始 
9:30−12:00 全体会、記念講演、トークセッション
12:00 移動
13:00−16:30 情報交換会(保育・子育て研究所)
会場:ウェル戸畑 



第1回研究大会
のお知らせ
(終了)






 

 日本保育文化学会事務局
 〒380-8525 長野県長野市三輪8-49-7 
 長野県立大学 安氏洋子研究室
 (C) Japan Society of Early Childhood Education and Culture